ラグビーを子供の習い事に?大丈夫?おすすめできる?

ラグビーワールドカップ2019が初めて日本で開催され、日本代表のベスト8という大躍進により、日本全体が大きな盛り上がりをみせました。『にわかファン』という言葉が流行ったように初めてラグビーを好きになった人も多く、習い事で子供にもさせたいと思われたかたも増えているそうです。しかし、ラグビーのイメージといえば、『ルールが難しい、ケガが怖い、危険』など子供にさせたくないと感じるものが圧倒的。では実際はどうなのか。ここでは、ラグビー経験者である筆者が、体験したからこそいえるラグビーの実態をホンネで解説します。(メリット、デメリット、口コミなど)

スポンサードサーチ

ラグビーをしたらどんな子になる?

高校ラグビー部の監督がこんなことを言っていました。「ラグビー部に入ったばかりの1年生は、元気で落ち着きのない子が多いけど、2年~3年になるにつれて、徐々に心が強く、物静かで、落ち着いた大人になっていく。不思議とみんなそうなっていく。そして、卒業後もほかのスポーツにくらべてラグビー部が一番結束力がある。」

これがイギリスで生まれた紳士のスポーツ、ラグビーの魅力ではないでしょうか。具体的にみていきましょう。

One for all , All for one

『ひとりはみんなのために、みんなは1つの目的のために』ラグビーで有名なことばです。

ラグビーはチームプレーです。個人が自分勝手なことをしていたら絶対に勝てないスポーツです。15人がそれぞれのポジションの役割を認識して、みんなで力を合わせて戦います。

スポーツとはいえ、戦い、体と体のぶつかり合いです。正直、強い相手だと恐怖心もあります。しかし、その恐怖心も心強い仲間たちが打ち消してくれます。

怖いけど、厳しい練習をしてきたみんながいれば大丈夫、ミスしても仲間が助けてくれる、自分自身もチームに貢献したい、こういう気持ちが仲間の結束力をより高めていくのです。

ワールドカップ日本代表の選手を見て下さい。信じられないくらい強いにもかかわらず、とても優しく、物静かで、落ち着いた大人の雰囲気がありましたよね。

また、ラグビーの合宿でこんな場面を見ました。合宿では各都道府県からたくさんのチームが集まり、毎日のように練習試合をします。

そこで、あるチームがおそらく1年生だと思いますが、トライを決めたあとに、派手なガッツポーズをしました。

その選手は、その後、監督に呼ばれて怒られていました。「みっともないことはやめろ。そんなスポーツじゃないだろ。」

そういえば、ラグビーはサッカーのような派手なパフォーマンスは見ません。

それは、トライをとった選手が、自分ひとりの力じゃない、みんなでつないでとったトライであり、最後にたまたま自分がボールを持っていただけだと理解しているからです。

トライをとった選手が一番偉いわけではない。そもそもポジションによってトライに縁がないポジションも多いのです。

タイプの違う友達ができる

ラグビーは15人でするスポーツです。ポジションごとに役割や必要な能力が違います。

ゲームでいえばドラクエのようなものですね。勇者がいて戦士や僧侶、魔法使いなど、みんながそれぞれの役割を果たして、敵を倒すみたいな。

1番3番はゾウのように大きくて力が強い人、4番5番はキリンのように背の高い人、9番は背が低く素早いサルのような人、10番はチーム全体をみる司令塔、11番14番はチーターのように足が速い人、など求められる能力はさまざまです。

ざっくりいうと、1番~8番のフォワードが強力なパワーでボールを奪い取り、9番が10番以降のバックスにボールをまわし、走ってトライをとるという流れが多いです。

このように同じチームの中に、いろいろなタイプの人がいます。つまり、ラグビーやってなかったら、こんなタイプの友達はできなかったかもと思えることが多いです。

どんな人でも、その人にあったポジションがある。それがラグビーです。背の低い子供でも、太った子供でも能力が活かせる場所があるのです。

さまざまな個性がまとまり、ひとつの目標に向かって頑張るということは、社会に出てからもきっと役に立ちます。

ある会社の人事担当が、ラグビー経験者は仕事が出来るひとが多いと言っていました。

スポーツをしながら、社会勉強にもなるのです。

ノーサイド精神

ラグビーでは、試合中は激しいプレーで熱くなることもありますが、試合が終了したら、敵も味方もなくお互いをリスペクトするという精神があります。

ノーサイド、つまりどちらのサイドもない、敵も味方もないという意味です。

どんなに激しい試合でも、たとえ負けて悔しくて涙が出たとしても、試合が終了したら、笑顔で互いの健闘を称え合う。こんな姿がワールドカップでも見られたと思います。

試合中の熱い気持ちから、瞬時に頭を切り替える。悔しい気持ちをいったん忘れて、相手と握手する、相手の健闘を称える、この瞬間は素晴らしい時間です。

このようにカッと熱くなった頭を、すぐにクールダウンさせる経験が、冷静で落ち着いた大人への人格形成につながっていると感じます。

自主性を重んじる

ワールドカップでヘッドコーチ(監督)は試合中、どこにいたかおぼえていますか?

ベンチではなく、観客席にいましたよね。

実は、試合中は、監督は直接選手に指示が出せないのです。(伝達はあります)

直接指示が出せるのはハーフタイムのときだけです。

つまり、試合中のことは戦っている選手の自主性に任せているのです。

選手たちは自分たちで考えて行動します。

ラグビーでは試合は『選手たちのもの』という精神が根付いています。

2015年ワールドカップの南アフリカ戦で、3点差で負けていた試合終了間際、相手のペナルティがあった際、監督からの伝達『キック』をきかずに、スクラムを選択したキャプテンのリーチマイケルの判断は記憶に新しいです。結果、トライを決めて歴史的な大勝利に導きました。

ラグビーによって、指示待ちではなく、自分自身で考えて行動する能力が身に付きます。

ラグビーを子供にさせるデメリット

ラグビーをさせるデメリットをあげるとすれば以下の2点だと思います。

・ラグビーに熱中するあまり、勉強がおろそかになる

・ケガをする

中学、高校でラグビー部に入ると、練習の疲れから、勉強時間が少なくなることは考えられます。ただし、短期間での集中力は身についていますので勉強と両立することは可能です。

実際に進学校でラグビーの強い学校はたくさんあります。

次にケガについてですが、激しいスポーツなので体を痛める可能性はありますが、練習と合わせて、筋肉トレーニングも実施するので、意外と簡単にはケガをしないものです。

筆者のまわりでも命にかかわるようなケガはみたことありませんし、軽い打撲や骨折などがあってもゆっくり静養すれば問題ないと思います。

どんなスポーツでもケガの可能性はありますので、しっかりとしたトレーニングは必要です。

まとめ

ここまで、ラグビーの魅力について解説しました。

ボールを持って自由に走れるスポーツはあまりなく、あの爽快感は経験してみないとわからないと思います。

ラグビーをすれば、フェアプレー精神、礼儀なども身につき、心身ともに強くなります。

そして、なにより固い絆で結ばれた一生の友人ができます。

ぜひ、この素晴らしいラグビーというスポーツを子供にも体験させてあげたいと考えます。

Sponsored Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする