『つみたてNISA』と『iDeCo(イデコ)』どっちにする?

2017年1月から加入対象者が大幅に拡大した『iDeCo(イデコ)』。

節税効果が高く、加入者が大幅に増加しています。

一方、2018年1月からスタートした『つみたてNISA』。

長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度でこちらも人気があります。

それでは、どちらを利用するべきでしょうか?選ぶ基準を解説します。

スポンサードサーチ

『つみたてNISA』と『iDeCo(イデコ)』どっちにする?

答えは、60才までに使う可能性のあるお金かどうかです。

60才までに使う可能性があるのであれば、『つみたてNISA』。

60才まで絶対に使わないお金であれば、『iDeCo(イデコ)』です。

両方とも運用で得られた利益が非課税になることは同じです。

ただ、大きな違いは換金性です。

『つみたてNISA』はいつでも換金できるのに対し、『iDeCo(イデコ)』は、

60才まで引き出すことができません。

なお、所得税を支払っていない人(専業主婦など)は、『つみたてNISA』です。

理由は、『iDeCo(イデコ)』の節税効果が期待できないからです。

次にそれぞれの概要を説明します。

『つみたてNISA』の概要

・対象年齢は20才以上
・投資できる期間は20年。
・掛金上限は年間40万円(20年で800万円)
・非課税対象は、運用時の売却益や分配金など。
・対象商品は、金融庁が定めた基準を満たす投資信託など。(173本)
・いつでも引き出せる

運用で得られた利益が非課税になりますが、もちろん元本割れするリスクはあります。

対象商品は、金融庁が手数料が安いなどの理由で選別してくれているので、

投資初心者には選びやすいです。

いつでも換金できることから、様々な目的に応じて活用できます。

なお、従来からある一般NISAとは併用ができないので注意が必要です。

ただし、2019年12月現在、政府はつみたてと一般のNISAを一本化することを

検討しています。近いうちに発表があるかもしれません。

『iDeCo(イデコ)』の概要

・対象年齢は20才以上
・60才までつみたて可能
・掛金上限は年間14万4000円~81万6000円(働き方によって違う)
・掛金は月額5000円以上。1000円単位で変更可能。
・掛金が全額所得控除の対象→所得税・住民税が軽くなる
・非課税対象は、運用時の売却益や分配金など。
・対象商品は、預金・保険・投資信託など。(元本確保の商品もある)
・60才まで引き出せない。途中解約もできない。

詳細は関連記事を参照:大人気『iDeCo(イデコ)』の最大のデメリットとは?

大きなメリットは、所得控除で所得税・住民税が軽くなることです。

たとえば、毎月1万円(年間12万円)積み立てたとして、年収別の節税効果は

以下のようになります。

年収200万円 → 節税効果18,000円

年収500万円 → 節税効果24,000円

年収700万円 → 節税効果36,000円

年間12万円積み立てるだけで、年収500万円なら24,000円も税金を支払う必要

がなくなります。とんでもないメリットです。

これが20年30年と続けばとてつもない節税効果となります。

ただ、加入するときに、最低2,829円の手数料かかります。

また、運用期間中も月額171円必要になります。

そして、大きなデメリットとして60才まで引き出せない点があります。

イデコ資料請求。 SBI証券 iDeCo

まとめ

資産運用で人気の『つみたてNISA』と『iDeCo(イデコ)』について解説しました。

ポイントは換金性です。60才までに使う予定のあるお金なら『iDeCo(イデコ)』は

避けるべきです。

ただ、この2つは併用することができます。迷った場合には両方とも利用するのもありです。

その場合も『iDeCo(イデコ)』に積み立てる金額は、60才まで絶対に使わないお金を掛金に設定するべきです。

Sponsored Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする