住宅ローン借り換えで住宅ローン控除はどうなる?

住宅ローンの借り換えは、金利が下がり返済額が軽減されるなどメリットの多いものですが、

気になるのは住宅ローン控除がどうなるかということです。

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)は、10年にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税から控除される、とてもお得な制度です。

ここでは、住宅ローンを借り換えたあとに、住宅ローン控除がどうなるか解説します。

スポンサードサーチ

住宅ローン借り換えで住宅ローン控除はどうなる?

住宅ローンの借り換えをしても住宅ローン控除は利用できます。

ただし、一定の条件があるので、借り換えを検討するさいには注意が必要です。

条件は2つあります。順にみていきます。

①当初の住宅ローンを返済する

住宅ローンの借り換えで借入した資金で、当初の住宅ローンを返済する必要があります。

これは、当たり前であり、証明することも簡単なので特に問題ない条件になります。

②住宅ローン控除の条件に当てはまる

借り換え後も当初と同じように、住宅ローン控除の条件に当てはまる必要があります。

・新築又は取得の日から6か月以内に居住すること
・適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること
・控除を受ける年分の合計所得金額が、3000万円以下であること
・ローンの返済期間が10年以上あること

主な条件は上記のとおりです。

詳細の条件については、国税庁(住宅借入金等特別控除)で確認できます。

特に注意するべき点は、返済期間が10年以上の条件です。

ローンの返済期間が10年を切ってしまうと控除の対象外になります。

借り換えで期間を短縮する場合は、控除が最後まで受けられるか確認する必要があります。

借り換えの諸費用を借入金額に入れた場合の計算

住宅ローンの借り換えには、諸費用が必要になります。

この諸費用を自己資金ではなく、借入金額に入れた場合は、年末のローン残高が借り換え前よりも増えることになります。

この場合は、以下の計算式が適用されるので注意が必要です。

年末残高×借り換え前の残高÷借り換え時の諸費用も含めた残高

(事例)

借り換え前 1800万円 借入金額 2000万円(諸費用200万円込み)

年末の残高 1900万円

1900万円×1800万円÷2000万円=1710万円

住宅ローン控除を計算する年末のローン残高は、1710万円となります。

まとめ

住宅ローン借り換え後の住宅ローン控除について解説しました。

注意するべき点は、借り換え時に自己資金を投入して、期間を大幅に短縮した場合は、

住宅ローン控除が最後まで利用できるかどうか確認することです。

住宅ローン控除は、所得控除ではなく、税額控除でとてもメリットが大きい制度なので、

なるべく最後まで利用するべきです。

Sponsored Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする